FC2ブログ
2018 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パンフ
2011/01/20(Thu)
プライベート・ライアン(ウィキペディアより)

撮影に入る前、トム・ハンクスをはじめとした出演者たちは、リアルな演技をするために元海兵隊大尉のデイル・ダイの協力の下、ブートキャンプ同等の訓練を10日間受けさせられた。その間は教官がいきなり俳優達に向かって発砲(空砲)したり、当時の兵士達が持ち歩いていた道具と装備を全て背負わせて延々と行軍させたりと内容的にとても厳しいものであった。ライアン一等兵役のマット・デイモンはこの新兵訓練の参加メンバーから意図的に外された。これは10日間の過酷な訓練を通じて救出隊のメンバーにマット・デイモン=ライアン一等兵に対する反感を植えつけるためであった。俳優らは2週間にも及ぶ戦闘場面の撮影に酷使され、疲労の色も濃く、撮影当初の和んだ気分も消えて荒んでいた上に、現場の進行を知らない新進気鋭のデイモンが新兵よろしく撮影途中に現場到着した時には、当初の意図通り剣呑な雰囲気となり、それらとの相乗効果でリアルで緊迫した演技へと集約され、作品テーマの一部に組み込まれる。



この映画も、マットのファンになって観直した映画なんですが、
(前観た時は全然そうではなかったのに、 今回観たら、ライアンを見つけるまでが長かったぁ~)
現場についた時のマットを想像したら、気の毒というかなんというか。(笑)
だけど、これで、ぐっと気もひきしまって集中力も高まったんだろうな、と思います。

なんだか、こうやって、一作一作に込められた思いや、そこから生まれるエピソードだとか。
知るとまた違う楽しみ方があるかな、と最近、マットが出演した映画のパンフを集めてます。
↑意外と単純。(笑)

先日は「ディパーテッド」が届きました。
この映画は映画館で観たんですが、これだけはマットのファンになっても
観直す気にはなれない唯一の映画でして。
魅力的な役者さんばっかなんだけどな・・・。
というわけで、パンフを見たら何かがまた変わるかな、という期待を込めて。

そそ。
まだ観れてなかった「ジェリー」のDVDも届きました。
楽しみ♪
この記事のURL | matt impression | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://westwood1983.blog137.fc2.com/tb.php/108-de5fe6d0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。